幼稚園の時間帯はどうなっていますか?
通常は9時から9時30分の間に登園します。
降園は14時30分です。第4、5水曜日は11時30分降園です。
通園コースによって、または通園バスを利用される方は多少時間が前後します。

登園してからはどんなことをするのですか?
ある日の1日の流れ(年少)
  • 9:00~10:00 登園 外あそび 朝礼、はとポッポ体操
  • 10:20 お部屋に入る 朝の会(挨拶、歌、その他) その日のカリキュラム
  • 11:30 お弁当
  • 12:30 外あそび
  • 13:20 おかえりの仕度~おかえりの会(歌、紙芝居、その他)
  • 13:45 おかえりの挨拶
途中入園はできますか?
欠員がある場合は、年次にかかわらず入園できます。

幼稚園はお弁当ですか?
一日保育の時は、火・水曜日はお弁当です。
月・木・金曜日は園指定の業者からの給食がでます。
毎日給食を希望する方は、毎日給食にすることもできます。

アレルギーで給食がたべられない場合はどうなるのですか?
除去対応や特別対応など、お持ちのアレルギーの種類や程度と当園の給食の種類によって対応が異なります。
アレルギー対応についての詳細は、入園後に給食が始まるまでの間に打ち合わせをさせていただいています。
たくさんの食物アレルギーで給食が食べられない場合はお弁当の持参をお願いしています。
この場合給食代はいただきません。

幼稚園では預かり保育を行っていますか?
保育時間が終わってお子さんを迎えに来られないような場合は、幼稚園の2階ホールで預かり保育を実施しています。
保育者が付いて年少、中、長が6時まで一緒に遊びます。
子ども達にとって、異年齢の子どもと交わる良い機会にもなっています。

3年保育に入れるかどうかを迷っています。
2年保育との違いを教えてください。
子どもは3歳を迎えるころから友達と一緒にいることの楽しさがかなりわかるようになってきます。
つまり、自分から母親を離れて友達を求めるようになるのです。
このような子どもの気持ちを受けとめることができるのが3年保育の大きなメリットです。
特に最近は子どもが減少しているので近くに遊べる同年代の子どもがいなかったり、安心して遊べる場所も減少しています。
幼稚園に来ることによって、このように失われた環境を取り戻すことにもなります。
友達が欲しくなるということは、人とかかわる力の基礎がその子どもに育っているということです。
ですから、3歳の時から集団生活を経験した子どもは、友達を作ることがとても上手で、遊びやことばの内容も豊かに育ちます。

おむつは?
おむつは基本的に、幼稚園に入るまでに頑張って外してきてください。 これから幼稚園に入るんだ、ちょっとお兄さんお姉さんになるんだというお子さんの頑張ろうという気持ちが芽生えるこのチャンスを逃さないでください。
〇〇になるんだねと声掛けをして出来た時は思いっきり褒めてあげれば、必ず取れます。
どうしても外れない場合は入園後一緒にトレーニングをしていきます。

まだまだ親離れができないのですが、だいじょうぶでしょうか?
お子様にとって、初めて親から離れるのですから、泣くのは当然です。
泣くのは親との関係がしっかりできているからです。
保護者の方が心配されるより早く、子どもたちは柔軟に環境に適応していきます。
なによりも、保護者の方がさらりと見送ってくださることが大切です。
最初のうちは離れ際に泣くかもしれませんが、ほとんどのお子さんは、お母さまの姿が見えなくなってしばらくすると泣きやみます。
お家に帰った後、頑張れたお子様をしっかりほめてあげてください。
それが次の頑張りにつながっていきます。

親元を離れたことがないのですが入園しても大丈夫でしょうか?
離れた経験がないのは皆さま同じです。
最初は心配で泣くことがあっても、お友達とのおあそびや、初めての体験のなかで喜びや安心を得られ、幼稚園が楽しくなってきます。
また当園の先生は園児の幸せを第一に考え、子ども達との信頼関係を大切にしています。
この信頼関係の中で培われる情緒的安定が、社会性の発達の基礎になります。
それまでの依存的親子関係から脱皮して、多くの子どもや先生と関わり、新しい世界を体験していきます。
日々の生活を通して、お子様の自立への歩みを一緒に見守っていきましょう。

子ども同士のけんかの時介入しますか?
私どもでは特に年少の時を社会性の基礎をつくる大事な時期と捉え、積極的に声かけをしていきます。
年少さんの時は子供たちもお友達の事は気にはなるけれど、まだ自分の思いが優先して、物の取り合いになってしまったり、お話が上手ではないために手が出てしまったりします。
このような時に『こういう時は貸してって言えばお友達は分かってくれるよ』とか『本当はこう言いたかったのかな。 じゃあ一緒に言ってみようか』など、どうすれば相手に自分の気持ちが伝わるか積極的に手助けをしていきます。
そのような声掛けが子どもたちの社会性を育てることになります。
特に年少組の手厚い環境だからこそできる大事な事だと考えています。

幼稚園での「あそび」とは?
登園してから子どもは各自の物を所定の場所に置き、おたより帳を先生に提出し、あそび着に着替えます。
これらは、入園時にできなくても、集団生活の中でだんだん出来るようになります。
朝の支度ができたら、子どもにとって大切なあそびの時間が待っています。
子どもは自主的なあそびの中で集中し、友達とかかわりを持ち、工夫したり、迷ったり、喜び悲しみなど家庭では体験できないようなことを集団生活を通して体験します。
このような体験をするために子どものあそびを大切にしています。
大人から見るとただ漠然とあそんでいるようでも、その中にはあそびでしか実現できないようなことがたくさんあります。
砂場でおだんごを作ることも数や量の概念形成に大きく役立ちます。
つまり、知的な発達や学習の場、それが子どもにとっての「あそび」なのです。

一日中遊んでいるのですか?
遊びだけでなく、クラス全体が皆で同じことを行うこともたくさんあります。
クラス全体で行ったほうが価値のある活動、クラス全体でのリズム遊びや、集団でのゲーム、歌や合奏など多くの活動を行っています。
さらに運動会やお遊戯会やお誕生会に向けた練習を通してクラス全体での達成感を経験したりもします。

親との連絡はどのようにしていますか?
日常の連絡は、送り迎えの時にその日にあった出来事などをお伝えしたり、「れんらくノート」で日頃の出来事などを必要に応じてお伝えするほか、電話によるやりとりなど、必要に応じて連絡がとれるようにしています。
また、心配なことなどがあればいつでも相談できる準備をしています。

幼稚園にいる時に熱などがでた場合、どうなるのですか?
特別な場合を除き発熱の場合は保護者に連絡をとり、お迎え等の対応について相談いたします。
怪我の場合は、園で判断して医院での手当を行い、怪我の程度により保護者に連絡を取って対応を相談いたします。

緊急連絡などはどうなっているのですか?
在園児に対する緊急連絡は、「れんらくアプリ」というツールを使って園から一斉に配信しています。
緊急連絡以外でもこのアプリを使って準備物のお知らせ等の配信も行っています。
(もちろん園だより等では事前にお知らせしています)
利用者登録は任意ですが、ほぼすべての在園児家庭のみなさんが登録されています。

役員への任命や行事参加等で保護者の負担が大きいと聞きましたが?
2019年度より行事・役員とも全面的に見直し、保護者の皆様の負担を大幅に軽減しました。
具体的な内容については入園後にご説明いたしますが、事前に知りたい方はお気軽にお問い合わせください。