つるまき幼稚園沿革

昭和46年4月つるまき幼稚園開園。
原政吉園長に就任。
学級数2学級。
昭和48年4月 原政吉園長叙勲(勲五等雙光旭日章)
昭和49年3月 園歌と母の会の歌を制定する。
作詞 古田 拡
作曲 松井健祐
昭和49年4月学級数を3学級とする。
昭和52年1月園舎を増築。
昭和52年4月学級数を4学級とする。
昭和55年4月学級数を5学級とする。
昭和59年11月 学校法人化にあたり園地1068.68m²を分筆しこれを登記する。
昭和60年4月神奈川県知事より設置者変更を許可され、学校法人鶴巻学園とする。
原徹理事長に就任。
平成3年3月園長原政吉死去、
従五位に叙任。
平成3年4月原正子園長に就任。
平成7年10月旧園舎遊戯室を取り壊し鉄筋2階建て園舎を建設。(緑園舎)
平成8年11月敷地475.51m²を購入、120.83m²を園庭に組み入れ、一部を道路拡張に提供、残りを栽培地および駐車場とする。
平成10年4月学級数を6学級とする。
平成14年12月2階建て474.5m²の園舎を建築する。(ピンク園舎)
平成15年4月 学級数を7学級とする。
平成18年4月学級数を8学級とする。
平成19年8月緑園舎外壁塗替え。
平成20年4月学級数を9学級とする。
平成20年11月隣接地423.44m²を購入。一部を園庭、一部を駐車場にする。
平成21年4月定員数190名、9学級が認可される。
平成22年3月緑園舎のエアコンを更新。
平成24年9月全館の電灯をLEDに変更。
平成27年4月定員数240名、9学級が認可される。
平成27年12月旧園舎を取り壊し鉄筋2階建て園舎を建設。(緑園舎増築)
平成28年6月理事長原徹死去。
平成28年8月ピンク園舎外壁塗替え。
平成29年4月原弘道理事長に就任。
平成29年5月バスキャッチ導入。
(GPS車載端末による車両位置情報管理システム)
平成30年8月専門業者による全館定期清掃を年1回から年2回に変更。
平成30年9月現農園の隣接地180.66m²を購入。
平成30年11月農園を移設、これまでの農園は駐車場にする。
平成31年01月トイレの床補修、便器を交換
理事長原弘道 園長 原正子
理事長 原 弘道 園長 原 正子